2015年06月07日

2015大谷翔平の不安材料

2015年の大谷翔平は投手力が完全に覚醒した感がある。

開幕から2ヶ月以上経つが、ここまで、投手としての成績はセパ含めてダントツ、圧巻の数字である。
このまま行けば規定投球回数と到達は間違いなく、投手タイトルも幾つか取る可能性は非常に高い。
しかし、その反面、今シーズンについては打撃は少々控え目な気がする。
日本ハム打線は比較的好調で、チームも首位をキープしており、大谷翔平はエースとしてローテーションをしっかり守って欲しいっていうチームの雰囲気がはっきりしているといえよう。

ここまで大谷の投手力が突出している状況では仕方のないことなのかもしれないが、このまま投手としての期待値が高まりすぎると私の掲げる、完全二刀流、つまり、規定投球回と規定打席の同時達成が困難になるのではないかとの不安も感じてしまう。
それほどまでに今シーズンの大谷投手の力が突出してしまっているのである。

完全二刀流の達成に必須な規定投球回を常にクリアできる投手になる、という目標という点では順調な成績なのでありますが、ここまで大谷選手の投手力が急成長していることは正直予想外でした。
今シーズンはどこまで投手大谷の価値を高めていくのか…不安でもあり、楽しみでもある。D7239078-69D6-4FC6-95AF-E0389068BA15.png


posted by うつ中年 at 07:10| Comment(0) | 大谷翔平 二刀流への道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。